SSDS(急騰銘柄検知システム)は詐欺インジケータか!LINE登録は危険?怪しい投資案件のシステム先行体験は解約すべきか

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

SSDS(急騰銘柄検知システム)|投資案件

 

ですが、

 

この案件を調査・検証しましたが、

結論、SSDS(急騰銘柄検知システム)はオススメできません❌

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

Mr.R | SSDS(急騰銘柄検知システム)の内容・仕組みとは

SSDS(急騰銘柄検知システム)とは、株式投資と仮想通貨市場の予想ツール(シグナルインジケーター)です。相場の「急騰(大きな上昇)」を事前に察知して教えてくれる投資ツールの一種です。

 

通知が来たタイミングで買いポジションを入れておけば、

チャートの底から天井まで根こそぎ利益にすることが可能​と謳っていますね。

 

そんな「大きく稼げるタイミング」を知らせてくれるため、

相場分析やトレードスキルがなくても数百万円の成果が出せるようです。

 

また、SSDS(急騰銘柄検知システム)は通常15万円のインジケーターですが、今回のオファーでは無料で配布されています。

 

 

成果・実績が確かと謳っているシグナルインジケーターなのに、

なぜ無料で配布しているのでしょうか。

それでは、SSDS(急騰銘柄検知システム)をより詳しく調べてながら、

 

その実を調査していきましょう。

 

Mr.R | SSDS(急騰銘柄検知システム)の特商法を調査

まずは、SSDS(急騰銘柄検知システム)に登録する前に、

 

特商法の表記を法律的観点から見ていきましょう。

 

特定商取引法とは

特定商取引法に基づく表記とは、販売者側と消費者側で起こるトラブルを未然に防ぐために、取引や契約のルールを表記したものになります。

 

なので、今回のSSDS(急騰銘柄検知システム)のような副業案件を見つけた際には、安全なビジネスなのかを判断するためにとても重要な項目です。

 

特商法の内容をしっかり確認しておけば、

 

想定外のトラブルから回避できるリスク回避ができるはずです。

 

ちなみに、特定商取引法の違反行為は、

 

業務改善の指示・業務停止命令・業務禁止命令の行政処分など、罰則の対象となりますので、虚偽もしくは不正確な情報は許されません。

 

特商法を詳しく知りたい方は、こちらの記事も一緒にご覧ください。

 

SSDS(急騰銘柄検知システム)の特商法をチェック

SSDS(急騰銘柄検知システム)の特商法はこのように書かれています。

 

確認するとどうやら、SSDS(急騰銘柄検知システム)は初月だけが無料で、

 

2ヶ月目以降は「システム代金15万円+月額使用料1万円」が掛かるようです。

 

また、特商法には「返品・返金・キャンセル」やクーリングオフ制度については説明がなく、サポート体制やツールの更新(アップデート)に関する情報などは書かれていませんので、

 

情報が不確かなまま登録するのは危険と判断します。

 

Mr.R | SSDS(急騰銘柄検知システム)へLINE登録してみた

それでは実際にSSDS(急騰銘柄検知システム)のランディングページから登録していきましょう。

 

早速、SSDS(急騰銘柄検知システム)のランディングページからLINE登録ボタンを押すと、

 

公式LINEアカウントの友だち追加を求められます。

 

アカウント名は急騰銘柄検知システムという公式LINEでした。

 

LINEアカウント追加後はディスコードを登録しグループに参加すれば、システムを受け取れるようです。

 

 

実際にディコードを登録してみると、

このように仮想通貨の情報配信をされていますね。

 

あとは、実際にシステムを受け取り、投資をスタートする流れですが、

 

この時点でSSDS(急騰銘柄検知システム)はおすすめしないと判断します。

 

SSDS(急騰銘柄検知システム)は高額ツールやセミナー勧誘が目的か

SSDS(急騰銘柄検知システム)をより細かく調査していたところ、

こちらのFCPというオンラインサロンへ誘導されました。

 

こちらは参加に必要な月額費1万円よりも高い月額費、通常5万円を払う必要があります。

 

おそらくこのSSDS(急騰銘柄検知システム)は高額ツールの販売と、有料サロンへの勧誘が目的です。

 

また、いずれも決して安い金額ではありませんので、参加には注意が必要です。

 

Mr.R | SSDS(急騰銘柄検知システム)の評判・口コミは怪しい?

さらに深掘りして、SSDS(急騰銘柄検知システム)のネット評価・口コミ・評判を調べてみましょう。

 

SSDS(急騰銘柄検知システム)の評判・口コミ?

SSDS(急騰銘柄検知システム)に関する情報を調べてみると、

 

「危険」「詐欺」というような注意喚起を行なっているサイトや動画が確認されました。

 

反対にSSDS(急騰銘柄検知システム)で稼げた、とおすすめするような口コミ評判はありませんでした。

 

結論:SSDS(急騰銘柄検知システム)はおすすめできません

今回、SSDS(急騰銘柄検知システム)という投資副業について徹底的に調査を行いました。

SSDS(急騰銘柄検知システム)検証結果:
・無料なのは初月だけで、2ヶ月目以降は毎月の利用料が必要
・システム利用料や月額費は決して安いものではないので注意
・不審点があり、後に高額サロンやツールなどの悪質勧誘に発展する可能性大
・実績に関する情報は一切見つからなかった

 

以上の4つの点から、SSDS(急騰銘柄検知システム)に登録することはおすすめできません。

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます