令和の副収入サポート

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

金城真|令和の副収入サポート

 

ですが、

 

この案件を調査・検証しましたが、

結論、令和の副収入サポートはオススメできません❌

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

令和の副収入サポートとは

令和の副収入サポートとは

金利20%の安心な預金先に預金することで

 

月収25万円の不労所得が得られるサービスを

紹介している案件になります。

 

日本銀行から2021年7月7日に更新、公表された

平均年利率などに関するデータによる平均年利率は

「0.003%」前後となっていますから、

 

比較してもかなりの差があり、

利子だけでも十分生活できる収入金額

提示されています。

 

 

ビジネスモデル

「令和の副収入サポート」が

ランディングページで主張している

内容を確認していくと

 

主張されている主なビジネスモデル
紹介する「金利20%の貯金先」は途上国の銀行ではないので破綻リスクはとても低い
そもそも銀行ではないので銀行破綻というリスクは実質0
貯金の一部でも『金利20%の貯金先』に移動させたら毎月25日には貯金が増える

 

このように「副収入サポート」が紹介する

銀行でもない「金利20%の貯金先」に預金することで

リスクなく翌月から貯金が増えると主張されています。

 

しかし、この「金利20%の貯金先」とは一体何なのか

「途上国の銀行ではない」、「そもそも銀行ではない」とされていますが、

詳細な情報が他に記載されているわけではないため、

 

「高金利の謎の預金先」であるという情報以外示されておらず

十分なビジネスモデルが提示されているとは言えません。

 

 

動画閲覧へ誘導

誘導に従って確認していくと、

LINEアカウントに登録前に

動画の閲覧をすすめてきました。

 

では次に動画の内容を確認し

「令和の副収入サポート」が

何を伝えようとしているか紐解いていきます。

 

動画内で説明されているビジネスモデル

動画内で追加説明されている

ビジネスモデルを確認していくと

 

説明されていた「金利20%の貯金先」とは

「フリートレーディングバンク」という商材であり

 

プロに預金したお金の運用を全て任せることで

利用者が何もしなくても銀行の利子「のような」仕組みで

高利益による収入を得ることが出来ると主張されています。

 

これだけ見ると魅力的な商材のように見られますが

動画内でも繰り返し「プロに全まかせ」

「利用者は何もしなくていい」「勝手に高利子収入」と語られるばかりで

 

「フリートレーディングバンク」が

なぜ高利益を出し続けられるのか、プロとは一体何者なのか、

利益還元までの詳しい仕組みが記載されておらず、

 

なにもしなくても稼いでくれると繰り返し力説されるだけ

動画でも詳しいビジネスモデルが説明されているとは言えません。

 

 

上位互換を含む複数の商材を紹介してくる

動画内で紹介されている

「フリートレーディングバンク」

という商材には上位互換として

 

「プラチナトレーディングバンク」

という商材を勧めてきており、

上位互換として約2倍の性能があると主張されています。

 

 

しかし、上位互換の商品として

「フリートレーディングバンク」との違いや

新たなビジネスモデルが説明されているわけではなく

 

ただ、性能が高く、

さらなる高収入が得られると主張されるばかりです。

 

これではどちらも

「なぜ稼ぐ事ができるかわからない謎商材」の域を出ず、

信憑性でも十分とは言えません。

 

それぞれモニター価格として

9800円から2万9800円を提示してきていますが、

 

謎の商材の為に出資するのは

私は遠慮します。

 

改めておくと有料商材が

全て怪しいと主張するつもりはありません。

 

善良な相手が適切に利用者に商材を紹介、

販売することには何も問題はありません。

 

問題なのは今回の「令和の副収入サポート」のように

利益を誇張し、適切なビジネスモデルを提示しない

怪しい商材を進めてくるような案件や企業であり、

 

こういった相手からの商材を購入しても稼げる保証はなく、

悪質な詐欺まがいの手口として広まっているものであるため、

安易に関わるのはおすすめできません。

 

 

令和の副収入サポートを検証してみた

LINEアカウントに登録してみた

実際に誘導されたアカウントに登録し

返信内容を確認していきます。

 

 

新規優良情報なし

返信内容を確認していくと

LINEアカウント登録前に誘導させられた

動画添付サイトと同様のサイトへ誘導させられました。

 

他に新規ビジネスモデルといった情報は確認されず、

このことから「令和の副収入サポート」の目的は

 

有料商材「フリートレーディングバンク」

「プラチナトレーディングバンク」を紹介し

購入させることにあり、

 

十分納得できる説明がない謎商材の為に

高額な負債を支払う恐れがありますので、

安易に関わらないように十分に注意してください。

 

令和の副収入サポートの評判・口コミは怪しい?

「令和の副収入サポート」や

紹介された商材に関して

口コミ評判を確認してみたところ、

 

確認できる情報量自体少なく

「令和の副収入サポート」や紹介された商材を

利用して稼げたという情報は確認できませんでした。

 

このことからも、今回の案件と関わって

稼げる保証がないことが読み取れます。

令和の副収入サポートの特商法を調査

特定商取引法に基づく表記(特商法)とは、販売者側と消費者側で起こるトラブルを未然に防ぐために、取引や契約のルールを表記した販売者が表記しなければいけない最低限のルールのことを指します。 

 

今回の令和の副収入サポートのような案件を見つけた際は、その案件が安全なビジネスなのかを判断するためにもとても重要な項目になります。

 

この特定商取引法に基づく表記の内容を事前に確認しておくことで、想定外のトラブルからも回避することができます。

 

ちなみに特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示・業務停止命令・業務禁止命令の行政処分など、罰則の対象となりますので虚偽もしくは不正確な情報は許されません。

 

令和の副収入サポートの特商法

では、確認された特商法を確認し、

十分な情報がまとめられているか見てみます。

 

 

必須項目の記載漏れ

特商法の記載内容を確認すると

販売事業社名、住所、

連絡先の電話番号の記載がありません。

 

さらに販売する商品の販売価格が

「無料提供」とされており、

 

紹介されていた商材の情報と

食い違っています。

 

特商法は国が利用者を守るために定めた

大切な法律です。

 

その特商法が記載されていなかったり、

必須項目の記載漏れ、不審な内容が記載されていた場合

暗に「法律を守るつもりがない」と主張されているようなもの

 

信憑性でもこの時点でアウトですので

安易に関わらないように気をつけましょう。

結論:令和の副収入サポートはおすすめできません

最後に今回の検証結果をまとめていきます。

検証結果まとめ
十分なビジネスモデルの説明がないまま誘導してきている
動画で効果が保証されない謎の有料商材を紹介してきている
口コミ評判を含め実績が不明慮
特商法に必須項目漏れあり

 

以上のことから今回の案件

令和の副収入サポートはおすすめできません。

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます