roomy

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

近藤翔太|roomy(ルーミー)

 

ですが、

 

この案件を調査・検証しましたが、

結論、roomy(ルーミー)はオススメできません❌

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

近藤翔太|roomy(ルーミー)の内容・仕組みとは

roomy(ルーミー)とは

 

 

提供されたシステムを用いた簡単かつ短時間の作業のみで

利益が出る副業を紹介しているサービスです。

主張している主なメリット
放置で稼げる
作業は1日10分であとは全自動
最低収入額10万円以上
優れたサポート体制、返金保証あり
経験・知識一切不要

 

充実したサポート体制、収入・返金保証を備え

経験も知識も不要で初心者でも安心して作業でき、

簡単な軽・短時間作業で10万円と十分な副収入を得られると主張しています。

記載されているビジネスモデル

ではランディングページに記載されている内容は

十分なビジネスモデルが記載されているといえるのでしょうか。

主張されているビジネスモデル
スマホ完結すの提供システムの操作
独自テンプレートのコピー&ペースト
作業時間約10分であとは放置

 

roomy(ルーミー)が主張している副業に関する情報は

システムの魅力などを強調しているものの

業種などが詳しく語られているわけではなく、

 

提供システムや独自テンプレートの詳細

収益獲得までの詳しい内容が説明されておらず、

納得できるほどのビジネスモデルが記載されているとはいえませんでした。

 

そもそも何らかの副業を紹介しているにしても

全体的に情報量が少なすぎます。

申し込みに有料商材が存在する

さらに確認していくとこのroomy(ルーミー)

 

 

18600円の有料商材に誘導してきています。

 

考えられるのはここまでのランディングページに記載されていた内容は

この有料商材を購入させることであった可能性が非常に高く

 

控えたこの高額なバックエンドへと誘導するための

フロントエンドであったということが伺えます。

 

このバックエンドが高額か

主張されている性能をみて安価に感じるのかは人それぞれだと思いますが、

 

少なくとも私はきちんとしたビジネスモデルが

説明されていない相手の不審なシステムに対して

これだけのお金や個人情報を公開することはおすすめしません。

近藤翔太|roomy(ルーミー)へLINE登録してみた

LINE追加できない?!誘導先は購入手続き!

申し込みの際、LINE追加で格安購入できると主張していますので

申し込みを選択することでLINE登録へ誘導されると思ってたのですが、

 

実際は直接購入画面に誘導させられました。

 

これが実際の挙動なのか、まだLINEアカウントは準備中で

今後アカウントが追加されるかどうかは分かりませんが、

 

紹介ページに十分な説明がないまま

商材購入画面へと誘導される時点で

信用に値する相手であるとは考えにくいです。

 

商材を購入したとしても

稼げる保証はどこにもありませんので

購入する前に十分に警戒するようにしましょう。

近藤翔太|roomy(ルーミー)の評判・口コミは怪しい?

有名ブランド名と酷似

口コミや評判を検索してみたところ、

真っ先に検索欄を埋め尽くしたのは

 

日本国内某有名自動車メーカー「ト〇タ」から発売されている

同名の車種に関する情報でした。

 

偶然である可能性ももちろん考えられますが

これは有名なブランドや人物名と同じ名称を名乗ることで

 

悪評がたち、検索された際に

自身が検索されない、されにくくするための手口

と酷似しています。

 

無論、某企業「ト〇タ」の車種と

今回の案件roomy(ルーミー)は全く関係はありません。

さらに深く検索

さらに深く検証していくと

まだまだ情報量としては少なく

 

これはこの案件roomy(ルーミー)が

そもそも認知度が低いということも関係しているでしょう。

 

しかし、それでもすでにこの案件に対して

注意を促す内容の情報がいくつか確認できました。

 

「バックエンドセールスだ!」

「どうみたって怪しい商品じゃん」

「詐欺商品でしょこれ…」

 

など、発信者によって主張は様々ですが

多くのサイトなどがroomy(ルーミー)の誘導する商材に

警告を発していることがわかります。

近藤翔太|roomy(ルーミー)の特商法を調査

次に法的観点からroomy(ルーミー)を見ていきましょう。

特商法とは

特定商取引法に基づく表記(特商法)とは、販売者側と消費者側で起こるトラブルを未然に防ぐために、取引や契約のルールを表記した、販売者が表記しなければいけない最低限のルールのことを指します。 

 

今回のroomy(ルーミー)のような案件を見つけた際は、その案件が安全なビジネスなのかを判断するためにも、とても重要な項目になります。

 

この特定商取引法に基づく表記の内容を事前に確認しておくことで想定外のトラブルからも回避することができます

 

ちなみに特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示・業務停止命令・業務禁止命令の行政処分など、罰則の対象となりますので虚偽もしくは不正確な情報は許されません。

roomy(ルーミー)の特商法に注意

roomy(ルーミー)の特商法に関して確認していくと

 

 

一見事業者名などの必須事項を網羅しているように見えますが、

 

 

保証や返金対応に関して

ランディングページに記載されていたほど

返金・保証に対応しているとは断言できないです。

 

「必ずしも効果は保証しない」

「トラブル等が生じた場合であっても、当社及びその責任者は一切の責任を負いません。」

 

など、問題が発生した際に

ランディングページに記載されていた通りの対応がされるとは限らないでしょう。

 

返金保証の条件に関しても審査があり

 

 

審査内容
・投稿日時が明確にできる投稿記事内容
・30日間作業をした証明(30日分の投稿記事画面の履歴、内容、スクリーンショットなど)
・広告出稿をしているかどうかの有無がわかる証明(広告出稿履歴、内容、スクリーンショットなど)
・各社収益画面で具体的に収益が発生しているかの有無(収益確定画面の履歴、内容、スクリーンショットなど)
これらを提出しなければならないのですが、
実際に返金を希望するようなことになった場合に
最初から返金を想定している利用者でなければ
スクリーンショットなどを残しているとは限らないでしょう。

結論:roomy(ルーミー)はおすすめできません

最後に検証結果をまとめていきます。

検証結果まとめ
副業に関する詳しいビジネスモデルが語られているとは思えない
誘導先に高額なバックエンドが控えている可能性大
口コミ評判が悪い

 

以上のことから今回の案件

roomy(ルーミー)はおすすめできるものではありません。

 

誘導先の商品で稼げる保証はどこにもありませんし、

特商法の内容も良く確認しると

決して安心できる内容ではありません。

 

詳しいビジネスモデルなどの説明がなされていないまま

特定の商品に誘導してきているのであれば

それは悪質なバックエンドである可能性が非常に高いですので

 

購入時の高額な出費だけではなく

購入した際に公開した口座情報などの個人情報を悪用されるリスクもありますので

くれぐれも要注意してください。

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます