マネーストライクは副業詐欺キャンペーン!?登録すれば100万円稼げるって本当?怪しい副業案件の危険性を徹底解説!

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

副業案件「マネーストライク」

 

ですが、

 

この案件を調査・検証しましたが、

結論、この案件はオススメできません❌

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

副業案件「マネーストライク」の内容とは

マネーストライクとは、最高月収100万円の副収入を稼ぐことができる副業案件で、通常価格198000円のところがキャンペーン期間中に付き、無料で利用できるようです。

 

具体的なビジネスモデルや稼ぎ方については一切説明がありませんので、内容は登録しなければ分からないようですね。

 

マネーストライクの特徴について

マネーストライクという副業案件は、

「スマホの簡単操作だけで30万円〜100万円稼げる」

「作業時間は1日3分〜15分程度」

「18歳以上かつネットに繋がるスマホがあればOK」

このような特徴や条件が書かれています。

 

ですが、先ほどお伝えした通り、ランディングページには仕事内容が書かれていませんので、安易に信用することはできません。

 

おそらく皆様も、「副業をやりたいけど、マネーストライクはなんだか怪しいな」と不安に想っている方も多いのではないでしょうか。

 

それでは、マネーストライクが安心できる副業なのか、それとも危険性やリスクがあるのか、より詳しく見ていきましょう。

 

副業案件「マネーストライク」の特商法の表記を調査

まずは、マネーストライクの特商法の表記を、

法律的観点から見ていきましょう。

 

特定商取引法とは

特定商取引法に基づく表記とは、販売者側と消費者側で起こるトラブルを未然に防ぐために、取引や契約のルールを表記したものになります。

 

なので、今回のマネーストライクのような副業案件を見つけた際には、安全なビジネスなのかを判断するためにとても重要な項目です。

 

特商法の内容をしっかり確認しておけば、

想定外のトラブルを回避できるリスク回避ができるはずです。

 

ちなみに、特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示・業務停止命令・業務禁止命令の行政処分など、罰則の対象となりますので、虚偽もしくは不正確な情報は許されません。

 

マネーストライクの特商法をチェック!

マネーストライクのランディングページを確認しましたが、特商法の表記は一切書かれていませんでした

 

特商法に限らず、ルールが明確ではないインターネットサービスを利用するのは危険です。この時点で、マネーストライクへ登録するのはおすすめできません。

 

登録後にトラブルが起きたとしても連絡は取れず、皆様を守ってくれることはありません。

全て自己責任となりますのでかなり危険です。

 

副業を探す場合は、安全性のあるものは、確かな実績が出ている副業やネットビジネスに取り組みましょう。

 

副業案件「マネーストライク」への登録は危険?検証してみた

続いては、マネーストライクのランディングページから実際に登録してみます。

登録するとどうなるのか、見ていきましょう。

 

ランディングページから登録ボタンを押すと、公式LINEアカウントの友だち追加を求められます。

追加するアカウントは「マネーストライク」という公式LINEでした。

 

アカウントを追加すると、メッセージが送られてきます。

送られてきた内容は、

「マネーストライクへの参加が完了しました」
「月収100万円を達成するには4つの作業を行ってください」

というメッセージが送られてきました。

 

ちなみに、登録したあと「作業をしてください」と言われるだけで、

 

副業内容について説明されることはありませんでした。

 

この後の4つの作業に関しては、このような作業内容でした。

・山城結菜という方のLINEを友だち追加
・もう一つのマネーストライクのアカウントを友だち追加
・追加したアカウントのピン留め
・TOUKUというアプリのダウンロードとフォロー

このようにひたすらアカウントフォローを要求をされますが、

 

この作業を済ませたところで、最大100万円稼げる副業案件を始められることはありませんでした。

 

もしLINEアカウントを登録してしまった方は、ブロックするようことをおすすめします。

 

登録結果、マネーストライクは悪質アフィリエイト案件だった

マネーストライクは、登録後に追加した複数のLINEアカウントから、

様々な商材勧誘を行うのが目的のオプトインアフィリエイト案件です。

 

追加したアカウントからは毎日1時間ごとに商材勧誘のメッセージが送られてくるようになってしまいます...。

 

マネーストライクのオファー主であるアフィリエイターは、自身の紹介報酬を稼ぐためだけに、次々と案件や商材を紹介しています。そのため、毎週35万円稼げるという宣伝は誇大広告と見て間違い無いでしょう。

 

また、送られてくる商材を調べたところ、いずれも特商法は無く、悪評が目立つものばかりです。

 

マネーストライクは、紹介報酬目的に永遠と悪質商材を送りつけてくるだけなので、参加しても稼げることはありません。

 

副業案件「マネーストライク」の評判や口コミを調査

さらに深掘りして、マネーストライクのネット評価・口コミ・評判を調べてました。

マネーストライクを第三者目線からも見ていきましょう。

 

マネーストライクに関する情報を調べてみると、「参加する価値なし」「悪質な案件」「詐欺」というような注意喚起を行なっているサイトが多数確認されました。

 

反対に、マネーストライクで稼げたとおすすめするような口コミ評判はありませんので、

マネーストライク参加を反対する意見の方が圧倒的に多数派のようですね。

 

結論:マネーストライクはおすすめできません

今回、マネーストライクという案件について徹底的に調査・検証を行いました。

マネーストライクの検証結果は?
・誇大広告によるオプトインアフィリエイト案件
・紹介報酬で稼ぐのが目的である悪質案件
・特商法がないため消費者トラブルになる可能性あり

以上の3つの点から、マネーストライクに登録することはおすすめできません。

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます