KATO KOJI「稼ぎの鉄人」は詐欺か!悪い口コミばかりのマネパン副業の焼き直し!?怪しい副業商材を徹底検証!

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

KATO KOJI|稼ぎの鉄人

 

ですが、

 

この案件を調査・検証しましたが、

結論、KATO KOJIの「稼ぎの鉄人」はオススメできません❌

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

KATO KOJI「稼ぎの鉄人」の内容・仕組みとは

稼ぎの鉄人とは、投資家や商材販売屋として有名なKATO KOJI(加藤浩二)がローンチした最新副業案件です。1日2分スマホ操作をするだけで忙しい方でも誰でも簡単に月80万円の副収入が得られるという内容です。

 

KATO KOJI「稼ぎの鉄人」の稼ぎ方って何?

1日2分スマホ操作については、

・1日2分のゴールデンタイムにだけ"あるスマホ操作"を行うだけ。

目から鱗が落ちるほど簡単に利益を狙うことができる。

このように書かれていますが、具体的な内容は説明されていません。

 

スマホがあれば誰でも月80万円が狙えるようですが、

 

詳細を知るにはまずはLINEへ登録して、とこのように書かれています。

・誰でもスマホ1台で実践できる稼ぎ方をLINE登録した人に全て公開します。

 

KATO KOJI「稼ぎの鉄人」の特徴について

KATO KOJI(加藤浩二)の稼ぎの鉄人には3つの特徴があるようで、

 

「強み① 1日2分で月収80万円が狙える」

「強み② 市場の隙を狙う稼ぎ方だから」

「強み③ スマホ操作だけでOK」

このように書かれており、先行市場に存在するある隙を狙うようですが、

 

やはりランディングページの内容からは一切詳細が分かりませんね。

 

LINE登録をしなければ詳細な稼ぎ方やビジネスモデルを知ることができないような作りでは、安易に信用してはいけません。

 

無料とはいえメールアドレスの入力が必要なので、不安になりますよね。

 

それでは皆様の代わりに、実際に「稼ぎの鉄人」に登録して確かめてみましょう。

 

KATO KOJI「稼ぎの鉄人」へLINE登録してみた

実際に稼ぎの鉄人のランディングページから登録していきます。

 

稼ぎの鉄人のランディングページからメールアドレスを入力して登録ボタンを押すと、

このようなサンクスページが表示されました。

 

こちらのサンクスページでも「稼ぎの鉄人」の説明はなく、公式LINEアカウントの友だち追加を求められるだけのようです。

 

今回登録したLINEアカウントは「稼ぎの鉄人 公式LINE」という名前です。

 

LINEのアイコンにもありますが、

LINE登録後送られてくるメッセージを確認すると、

 

やはり悪質性のある副業案件の可能性が考えられます。

 

KATO KOJI(加藤浩二)が過去にローンチした「マネパン」という投資案件を紹介されています。

 

この「マネパン」という案件は後に投資スキームに誘導されますのでおすすめしません。

 

KATO KOJI「マネパン」の焼き直し案件!

KATO KOJI(加藤浩二)の稼ぎの鉄人は、過去にローンチした「マネパン」という仮想通貨投資案件の焼き直し案件と判明しましたので、この時点で、稼ぎの鉄人から登録を行うことはおすすめできません。

 

「マネパン」という案件は、簡単・高収入と謳っておきながら、

 

最終的にはマネパン!JAPAN(マネパンジャパン)という有料コミュニティへ誘導しています。有料コミュニティに参加することでマネパンシステムが利用できると謳い、登録費用として198000円を請求されます。

 

また、利用できるマネパンシステムの再現性が不確かなままコミュニティへ参加することになりますので、高額費用を払ったが稼げないとトラブルになる可能性が高いでしょう。

 

ですので、この「マネパン」の焼き直し案件である「稼ぎの鉄人」へ登録するのは危険行為です。

 

KATO KOJI「2OC(セカンドオーナー)」にも注意!拡散希望】

Youtube広告で頻繁に目にする、KATO KOJI(加藤浩二)が関わる2OC(セカンドオーナーキャンペーン)という案件にも注意してください。

 

案件の詳細に関しては以前に私が検証していますので、こちらの記事をご確認ください。

 

KATO KOJI「稼ぎの鉄人」の特商法を調査

特商法を詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

続いては「稼ぎの鉄人」特商法を、法律的観点から見ていきましょう。

 

特定商取引法とは

特定商取引法に基づく表記とは、販売者側と消費者側で起こるトラブルを未然に防ぐために、取引や契約のルールを表記したものになります。

 

なので、今回の「稼ぎの鉄人」のような案件を見つけた際には、

 

安全なビジネスなのかを判断するために、参加・登録する前にしっかり内容を確認しましょう。

 

よく理解しないまま登録してしまうと想定外のトラブルに巻き込まれてしまいますので注意が必要です。

 

ちなみに、特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示・業務停止命令・業務禁止命令の行政処分など、罰則の対象となりますので、虚偽もしくは不正確な情報は許されません。

 

KATO KOJI「稼ぎの鉄人」の特商法をチェック

こちらが、KATO KOJI(加藤浩二)の「稼ぎの鉄人」特定商取引法ですが、

 

内容量が少なく簡素な作りになっているため、明らかに不十分な表記です。

KATO KOJI(加藤浩二)が関わるオファーはいずれも販売会社を海外企業にしておきながら、

運営企業や運営責任者は誰もいません。

 

この場合、サポートや保証などは一切受けられませんので、

 

参加費用198000円の有料コミュニティに参加した後、

マネパンシステムを利用して稼げなかったとしても、

全て自己責任となりますので相手は一切責任を取れないでしょう。

 

どちらにしても海外が絡む投資案件や副業案件にはトラブルが付き物なので、参加はおすすめできませんね。目先のお金や誇大広告に惑わされることなく健全なビジネスを行いましょう。

 

KATO KOJI「稼ぎの鉄人」の評判・口コミは怪しい?

続いては「稼ぎの鉄人」のネット評価・口コミ・評判を調べてみましょう。

 

第三者目線からTHE VICTORY(ザ・ビクトリー)見ていきます。

 

"稼ぎの鉄人"の評価・評判・口コミ

稼ぎの鉄人に関する情報を調べてみると、

 

「おすすめしない」「詐欺」「危険」「kato kojiは危険」と、注意喚起を行なっているサイトがいくつも確認されました。

 

反対に稼ぎの鉄人」「マネパン」で稼げたとおすすめするような口コミや評判はありません。

 

すでに実績者がいるようで、このような「実績者の声」の情報がランディングページには書かれていますが、このようなものはおそらく誇大広告と見て間違いないでしょう。

 

総合的に見て反対意見の方が圧倒的に多数派ですね。

 

結論:稼ぎの鉄人及びマネパンはおすすめできません

今回、「稼ぎの鉄人」及び「マネパン」という案件について、

徹底的に調査・検証を行いました。

【まとめ】稼ぎの鉄人検証結果
・要注意人物であるKATO KOJI(加藤浩二)が関わるオファー
・過去案件「マネパン」の焼き直し案件だった
・最終的には参加費198000円の高額コミュニティへ勧誘される
・海外が絡むオファー(あらぬトラブルはすべて自己責任となりかねない)

 

以上の4つの点から、KATO KOJI(加藤浩二)が関わるオファーに登録することは今後もおすすめできません。

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます