GoodジョブのLINE登録だけで稼げる副業は怪しい?限定配信で月収300万円は本当に可能か登録検証【口コミ評判】

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

Goodジョブ

 

ですが、

 

この案件を調査・検証しましたが、

結論、Goodジョブはオススメできません❌

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

Goodジョブの内容・仕組み

Goodジョブの内容をランディングページからまとめていきましょう。

 

Goodジョブ内容

 

Goodジョブ内容
・最低1日1万円稼げる

・40名限定

・面倒な登録一切なし

・スキルが必要なく誰でも簡単にできる

・スマートフォン1台でOK

以上がGoodジョブの内容です。
今なら40名限定でLINE登録を行うだけで最低1日1万円稼げる副業を紹介してくれるようです。
必要なものはスマートフォン1台ということで、
家事の合間に自宅で、お出かけ途中のカフェでなど、
場所を選ばずにスキマ時間を有効活用して、とても気軽に副業が始められそうですね。
作業内容も「検索やタップするだけ」と記載されています。
これだけを見ると、誰でも簡単に1日1万円以上稼ぐことができそうです。
中には300万円稼いでいる人もいるとランディングページには謳われています。
しかし「検索やタップ」という表現は
とても曖昧で詳しい内容が一切分かりません。
さらにどのような副業内容なのかも表記されていません。
ランディングページは、40名だけが簡単に稼げるということしかわからない内容です。
詳細な仕事内容がわからない案件は信用に欠けているので安易に登録することは危険です。
他にもランディングページにはこのような記載がありました。
Goodジョブ最大30万円の特典プレゼントキャンペーン
今から10分以内に仕事開始をすると最大30万円プレゼントしてくれるとのことです。
登録者側にとってはとても嬉しい内容になっていますが、
どうして10分以内に登録するだけで30万円ものプレゼントが出来るのでしょうか?
登録させるために過剰な表現を使って勧誘しているようにも思えます。
簡単な作業内容だけで1日1万円以上稼げるということだけでも
登録者にとっては好条件の案件内容になっているのに
そこにさらに特典があり、開始時間の条件があるとなると
焦って今すぐにでも登録をしてしまいそうです。
しかしランディングページ内に虚偽・誇大広告を使用している悪質な業者もいます。
アウトサイダーでは何度もそのような悪質な手口を使った詐欺まがいの案件を調査してきました。
ランディングページの内容だけを信用して登録してしまうのはトラブルの原因になりかねません。
そこで私がGoodジョブは優良案件か悪質案件かを実際に登録して検証していきますので
是非こちらを参考にしてみてください。

Goodジョブへ登録検証

GoodジョブLINE登録検証

 

ランディングページからGoodジョブへLINEの友だち登録を行っていきます。

 

Goodジョブ公式LINE登録

 

登録をするとすぐにメッセージが届きました。

 

GoodジョブLINE登録メッセージ

 

メッセージ内の「月にいくらくらい稼ぎたいですか?」の回答は

 

「70万円以上」 「50万円以上」 「30万円以上」 「3万円以上」

 

の4択に絞られています。

 

 

70万円以上の項目をタップするとさらにメッセージが届きました。

 

GoodジョブLINEメッセージ

 

下記のスマホ副業とは、

 

・BLT Business Like Time

 

・副業支援サービス マネモ

 

・Libra

 

という3つのスマホ副業でした。

 

 

この3つのスマホ副業案件に登録をしてみたところ、

 

「月にいくらくらい稼ぎたいですか?」とGoodジョブと同じLINEメッセージが届きます。

 

 

そしてまた似たようなスマホ副業案件をいくつか紹介されます。

 

 

その紹介された案件からもさらに副業案件を紹介される、その案件に登録をする、また副業案件を紹介される、と

 

同じ作業を延々と続けることになりました。

 

 

その後も登録した各アカウントからは

 

数時間おきに副業紹介などの情報が届き続け、かなり迷惑です。

 

 

結局、Goodジョブに登録をしてみたところで1円も稼ぐことは出来ず、

 

ランディングページ内に記載されていた最大30万円の特典もプレゼントされることはありませんでした。

 

 

ランディングページには

 

面倒な登録一切なし♪

 

と謳われていますが、実際のところは複数の副業案件に登録を何度も促されます。

 

 

このことから、ランディングページ内に記載されている内容は

 

虚偽・誇大広告の可能性が高いと判断できるでしょう。

 

 

Goodジョブは悪質なオプトインアフィリエイト業者?

オプトインアフィリエイトとは、

 

メールアドレスやLINEの登録がされることにより、

 

業者に紹介報酬が発生するというアフィリエイトのひとつです。

 

 

本当に稼げる案件を紹介しているのであれば、

 

紹介報酬を受け取っても問題は無いと思いますが、

 

誇大広告を利用し、不正に勧誘するような悪質な業者の場合は危険です。

 

 

悪質な手口を使う業者が紹介してくる案件は、

 

詳しい副業内容がわからない怪しい副業案件が多く、

 

本当に存在しているのか疑問に感じるような案件も多く見受けられます。

 

 

Goodジョブの登録検証を行ってみたところ、

 

Goodジョブは悪質なオプトインアフィリエイト業者の可能性が非常に高いです。

 

 

Goodジョブへは登録しないように注意しましょう。

Goodジョブの評判・口コミ

Goodジョブの評判や口コミは良いのか、ウェブを使って調査してみました。

 

 

しかし、「稼げない」「怪しい」といった悪評ばかりでした。

 

 

ポジティブな評判や稼げた実績は一切見つけることはできませんでした。

 

 

300万円稼いでいる人がいるとは何のことだったのでしょう。

 

 

登録検証の内容も含めてGoodジョブのランディングページ内の記載は誇大広告と見て間違いありません。

 

 

とても悪質な手口を使って勧誘をしているので

 

Goodジョブへは今後一切近づかないことをおススメします。

Goodジョブの特商法を調査

つぎに、Goodジョブの特商法を調査してみます。

 

 

特定商取引法に基づく表記があることによって

 

契約トラブルや金銭トラブルが起こるのを防ぐことができるため、

 

事業者にとっても消費者にとっても特商法は重要な項目になります。

 

 

Goodジョブの特商法を調査してみたところ、

 

どこにも特商法の記載はありませんでした。

 

 

これではGoodジョブの実態がわからず、信頼が出来ません。

 

 

信用のできない案件には手を出さずに関わらないようにしましょう。

Goodジョブ 結論

それでは最後にGoodジョブの検証結果をまとめていきます。

 

検証結果まとめ
・Goodジョブではお金を稼ぐことは出来ない

・悪質なオプトインアフィリエイト業者

・ランディングページに誇大広告を使用している

・特定商取引法に基づく表記がない

以上のことから、Goodジョブはおススメできません!

 

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます