Follow me(フォローミー)で副収入は増えない?怪しい簡単副業の裏側とは

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

Follow me(フォローミー)

 

ですが、

 

この案件を調査・検証しましたが、

結論、Follow me(フォローミー)はオススメできません

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

Follow me(フォローミー)はどんな副業内容?

 

それでは早速、Follow me(フォローミー)のランディングページから副業内容を確認していきましょう。

 

Follow me(フォローミー)の内容まとめ
・毎日使っているアプリで写真や動画を見るだけで1日平均2万円
・雪だるま式に副収入が増えるシステムが今だけ無料
・2021年注目副業/短時間労働高所得率No1(当社調べ)
・1日5分パソコンやスマホがあれば誰でも簡単にできる
・登録をしたら後は空いた時間にアプリを眺めるだけ

 

以上がFollow me(フォローミー)の内容を簡単にまとめたものになっております。

 

注目副業No1と謳っていますが当社調べということは、すなわち自称なので本当とは限りませんね。

 

なぜ普段使っているアプリを眺めるだけで1日平均2万円も稼ぐことができるのでしょうか?

 

ランディングページでは「簡単に稼げる理由」として次のように記されていました。

 

Follow me(フォローミー)稼げる理由

 

この「大手メディアサイト」とはどこのサイトなのでしょうね?

 

それに企業が知りたいこのような内容に平均日給2万円も出すとは思えません。

 

アンケートで十分ですよね?

 

Follow me(フォローミー)のランディングページにはビジネスモデルに関する詳細が記されていないため、なぜ?と疑念を抱いてしまいます。

 

ビジネスモデルが不明瞭なまま、甘い誘い文句に釣られて登録してしまうと取り返しのつかないことになる恐れもあるので安易に登録しないようにご注意ください。

 

それでは次にFollow me(フォローミー)の運営会社はどのような会社なのか特商法を確認していきましょう。

 

Follow me(フォローミー)の特商法を調査してみると

 

特商法を確認することの重要性とは

 

特商法とは販売者側と利用者側との間で起こるトラブルを未然に防ぐため取引や契約の決まり事をまとめた内容のことを指し、

 

販売者側は特商法を正しく表記する義務があります。

 

新たなネットビジネスを始める際にも特商法を確認することで安全な副業か判断する1つの要素になり、

 

事前に確認しておくことでトラブルを回避することもできます。

 

特商法について詳しくまとめた記事がありますので良ければそちらも一緒にご覧ください。

 

Follow me(フォローミー)の特商法は?

Follow me(フォローミー)特商法

 

会社名や運営責任者・所在地や連絡先など必要な情報が一切開示されていないのが見て分かります。

 

唯一記されている連絡先のメールアドレスもフリーメールですので信用度としては低いですね。

 

Follow me(フォローミー)の特商法は形式上表記されているだけで、内容としては不十分なため特商法の役目を果たしていません。

 

これでは表記がないのも同然です。

 

そのような運営側を信用してFollow me(フォローミー)を登録すると、トラブルに巻き込まれたり取り返しのつかないことになる恐れがあるので安易に近づかないように注意して下さい。

 

それではそのようなFollow me(フォローミー)に登録するとどのような結果になるのか、実際に登録して検証していきます。

 

Follow me(フォローミー)へ登録すると

 

Follow me(フォローミー)のランディングページからLINEアカウントを登録していきます。

Follow me(フォローミー)LINE友だち追加

【公式】Follow Me」という公式LINEへ繋がり、すぐに下記のメッセージが届きました。

 

Follow me(フォローミー)LINEメッセージ

 

雪だるま式に副収入が増えるシステム」を受け取るためにURLが添付されているので、タップして進んでいきます。

 

Follow me(フォローミー)副業案件

 

すると「ぼーっとビジネス」というサイトへ繋がり、サイトでは「アプリ広告を見るだけでしっかり稼ぐ」と謳われていました。

 

Follow me(フォローミー)の副業内容は普段使っているアプリを眺めるだけとされていましたが、ここではアプリ広告を見るとされており内容に食い違いがありますね。

 

そしてぼーっとビジネスを調べてみると「副業詐欺」「稼げない」などの悪評が多く存在していることが判明しました。

 

その後もFollow me(フォローミー)から雪だるま式に副収入が増えるシステムが届くことはなく、送られてくるのは悪評が目立つ悪質案件ばかりでした。

 

本当の狙いはオプトインアフィリエイト!?

 

Follow me(フォローミー)はランディングページでは様々な誇大表現で稼げると謳っていましたが、そのような副業内容は存在せず

 

オプトインアフィリエイトを目的とした悪質業者である可能性が高いと考えられます。

 

オプトインアフィリエイトとは?
添付されているURLからLINEやメールアドレスなどを登録させることで運営側に報酬が入る仕組みになっています。

 

そのためFollow me(フォローミー)のLINE登録後は頻繁に悪質案件が届くことになります。

 

届いた悪質案件はどれも様々な謳い文句を使い、最終的にはLINEの登録を促してきます。

 

ですがそれらの案件に謳われているような中身は存在しないため登録をしたところで稼げることはなく、そこでも悪質案件が届くようになり堂々巡りをする結果となってしまいます。

 

又そのような悪質案件を送ってくる悪質業者に個人情報を晒すことになり悪用される可能性もあるので、安易に登録しないようにご注意ください。

 

Follow me(フォローミー)の評判・口コミは?

Follow me(フォローミー)口コミ

 

ランディングページでは「Follow me(フォローミー)の体験談」としてこのような口コミが紹介されていました。

 

ですが実際にGoogleやSNSで調べてみると

 

このような稼いだという実績を確認することはできませんでした。

 

恐らくこの体験談は運営側の自作自演であると考えられます。

 

Follow me(フォローミー)の情報としてでてきたのは「怪しい」「詐欺」といった

 

注意喚起をしているサイトが多く存在している状況ですので安易に近づかないように注意して下さい。

 

Follow me(フォローミー)の真相は

 

それでは検証してきたFollow me(フォローミー)という副業案件の結果をまとめていきます。

 

Follow me(フォローミー)の検証結果まとめ
・オプトインアフィリエイト目的の悪質業者
・個人情報を悪質業者に晒すなどのリスクあり
・数多くの誇大広告及び虚偽記載

 

Follow me(フォローミー)へ登録しても稼げる見込みはありません。

 

それどころか様々なトラブルに繋がる可能性があるので注意が必要です。

 

以上のことからFollow me(フォローミー)での副業はおススメできません!

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます