デラックス・クラス

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

デラックス・クラス|DXC

 

ですが、

 

この案件を調査・検証しましたが、

結論、デラックス・クラスはオススメできません❌

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

デラックス・クラス|DXCの内容・仕組みとは

デラックス・クラスとは

 

 

高収入即日入金を謳う副業アプリの一種です。

デラックス・クラスが主張する特徴
毎日確実に3万8千円の収入を即日入金で得られる
完全無料で利用可能
5つ星級のスーパーアプリ
収入額としては月収にして117万8千円~120万円を主張しており
副業としての収入金額としては十分魅力的な金額です。
利用者の意見として
利用者によって収入額の幅はあるようですが
無料紹介された副業に対しての実績としての情報がLPに記載されていました。
添付されていたグラフによると
利用一週間後から急激に伸び続け
半年後には700万円もの収入が見込めるとあります。
これだけの収入を得られる副業に関する情報が
完全無料で利用可能なのであれば破格の副業アプリといえます。
しかし、LP全体を確認してみても
主張する副業の職業形態なのビジネスモデルに関する内容は記載されておらず
報酬や利用額無料に関する内容ばかりが強く強調されています。
5つ星の高性能アプリだと謳っておきながら
実際の中身に関する情報、どんな副業を紹介するのかなどの重要な内容が
十分に記載されていません。
利益や収入など、こちらが食いつきそうな話題は
LPのいたるところに存在し、
誘導先のアイコンにも月収に関する内容が記載しているにもかかわらず、
肝心のビジネスモデルに関しては
一例としてのどんな副業なのか、業種、作業携帯、作業内容など
そういった情報が伏せられたままです。
これはアフィリエイト報酬目的に
他社からのアフィリエイト広告を後に紹介しようとしてきている
悪質なアフィリエイターによく使われている手口です。
報酬目的に後に広告先の副業を紹介しようとしてきているから
どんな副業であるか不透明にしたほうが
あらゆるジャンルの副業を紹介しやすいということです。
アフィリエイト報酬目的であれば、ここで断定させるよりも
そちらのほうが後で様々な副業を紹介しやすいですからね。
では、確証を得るためにもさらに深堀していきましょう。
引き続きご覧ください。

デラックス・クラス|DXCへLINE登録してみた

実際に誘導先のLINEアカウントに登録してみました。

 

 

しかし返信されてきた内容は

 

 

このようにアラビア文字主体の返信文が真っ先に送信されてきました。

 

このことから誘導先の事業者は

海外に拠点を持つ、もしくは海外拠点と偽って国内で営業している

日本人向けの営業を想定していない

 

こういったケースが考えられ、今後何らかの副業情報が送信されてきたとしても

事業者がアフィリエイト報酬目的に無責任に紹介してくる怪しい副業の可能性が高いです。

 

誘導先の何らかの副業に参加しても稼げる保証はありません。

 

中には個人情報を搾取する目的の情報を流してくる可能性も考えられ、

安全性などを考慮しても近づくのは避けておくことをおすすめします。

 

また、海外事業が関わっていた場合、海外のものも含めて怪しい副業や、

中には商材などのバックエンドを控えたサイトなどに誘導される可能性も考えられます。

 

背景にはアフィリエイト報酬目的である点から

こちらの利益不利益を考慮せず勧めてきている可能性から

そういった怪しい情報を多く紹介してくることが考えられます。

デラックス・クラス|DXCの評判・口コミは怪しい?

デラックス・クラスに関する口コミ評判に関して調べたところ

 

「参加しても稼げない」「怪しい副業紹介アプリ」「近づかないほうがいい」など

否定的な意見が多く、注意喚起を目的としたサイトも確認できました。

 

LINEアカウントからの返信内容からも

国内企業のみならず海外企業の怪しい副業なども紹介してくる可能性も考えられ、

 

本拠地が海外の場合、法律も海外基準となるため

なにかトラブルに巻き込まれても全て自己責任となる可能性が高く

 

このことからも何らかの副業を紹介されても

必ずしも安全な副業を紹介してくるとは限りませんので

安易に信用しないよう注意してください。

 

LPに記載されていた肯定意見なども

肯定意見を得ているように見せかけるためにそのように記載されている可能性が高く

必ずしも確かな情報として書かれている保証もないということも考慮すべきです。

 

今後別サイトで肯定意見などが出てくる可能性もあます。

怪しくても副業サイトである以上、

運よくその人にとって稼げる副業が紹介されるケースもあるかもしれません。

 

しかし、こういった案件の多くは

詐欺まがいの手口を使った悪質案件であることもまた事実であり

 

根拠が乏しい内容で「稼げた」「おすすめ」するようなサイトで紹介されていたとしても

背後で今回の案件事業者と何らかの繋がりがある

いわゆる「サクラ」である可能性もありますので十分な警戒が必要です。

デラックス・クラス|DXCの特商法を調査

ここからは法的な観点でデラックス・クラスがおすすめできるか見ていきましょう。

 

特定商取引法とは何か?

特定商取引法に基づく表記(特商法)とは、販売者側と消費者側で起こるトラブルを未然に防ぐために、取引や契約のルールを表記した販売者が表記しなければいけない最低限のルールのことを指します。 

 

今回のデラックス・クラスのような案件を見つけた際は、その案件が安全なビジネスなのかを判断するためにとても重要な項目になります。

 

この特定商取引法に基づく表記の内容を事前に確認しておくことで想定外のトラブルからも回避することができます

 

ちなみに、特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示・業務停止命令・業務禁止命令の行政処分など、罰則の対象となりますので虚偽もしくは不正確な情報は許されません。

 

デラックス・クラスの特商法に要注意

デラックス・クラスのLPを全体的に見直してみても

残念ながら特商法に関する記載は一切確認できませんでした。

 

つまりデラックス・クラスは

暗に「法律を守るつもりはない」と語っているようなものです。

 

特商法には販売業者名や代表者名、

何かあった場合の連絡に必要な住所や電話番号など

重要な情報が記載されなければならない大切なものです。

 

これでは何かトラブルが発生した場合

連絡できずに泣き寝入りということにもなりかねませんので

このことからも極めて怪しい副業紹介案件であることが伺えます。

 

特商法は法律で記載が義務付けられた極めて重要な情報で

記載の有無や内容から、その案件が安全かどうかを図る指針の一つになり得るものです。

 

その記載が欠落している時点でおすすめできる案件とは言えませんし、

記載されていないだけでほぼアウト案件ですので

副業サイトなどを閲覧するときはこちらも要注目です。

結論:デラックス・クラスはおすすめできません

最後にこれまでの検証結果をまとめていきます。

検証結果まとめ
  1. LPに十分なビジネスモデルが記載されていない
  2. 特商法なし。口コミ評判も悪い
  3. アフィリエイト目的の無責任アフィリエイターである可能性大

以上のことから今回の案件

デラックス・クラスに参加するのはおすすめできません。

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます