【小沢さくら】キャノン・ウォレットは悪質詐欺副業なのか!評判・口コミから稼げる副業か追及!
【小沢さくら】キャノン・ウォレットは悪質詐欺副業なのか!評判・口コミから稼げる副業か追及!

こんにちは、藤原です。

 

今回はLINEのメッセージ配信やメールによる配信で巷で話題となっている

 

「キャノン・ウォレット」について徹底的に調査し、情報の真偽について追及いたします。

 

私が「キャノン・ウォレット」の調査を行った結果

 

「キャノン・ウォレット」への登録は辞めた方がいい』と判断いたしました。

 

なぜ、私がこのように判断したのか

 

調査の中で知り得た情報と知識をまとめましたので、

 

「キャノン・ウォレット」へ参加・登録検討されている方は最後まで情報をご確認ください。

【小沢さくら】キャノン・ウォレットの概要

キャノン・ウォレットとは

販売ページ(ランディングページ)には、必要な機材はスマートフォンで不労所得情報で毎週18万円を獲得できる、

通常販売価格が158000円でビジネスモデルが明らかになっていない案件となります。

 

また、【キャノン・ウォレット】の"エグゼクティブプランナー"は『小沢さくら』となっています。

小沢さくらは、独自のネットワークを駆使した素晴らしい情報を沢山提供してくれるようです。

 

ですが、本質として『キャノン・ウォレット』『小沢さくら』はオプトインアフィリエイト利用したLINEアカウントになります。

 

オプトインアフィリエイトとは

LINE@やメルマガ・ソーシャルメディアなどで紹介し、そのページ・アカウント経由でメールアドレス・友だち追加があった場合にアフィリエイト報酬が発生するものとなります。

【小沢さくら】キャノン・ウォレットの特定商取引法について

特定商取引法(特商法)に基づく表記とは

特定商取引法(特商法)は、事業者(運営)による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者(ユーザー)を守るための法律です。消費者トラブルを生じやすい特定の取引を対象にトラブル防止のルール等を定め、事業者(運営)による不公正な勧誘行為等などの消費者トラブルに発展しやすいものを対象に、事業者(運営)が守るべきルールや消費者を守るためのルール等を定めております。

 

特定商取引法(特商法)に記載のない事業者はトラブルの元であり、通常事業者(運営)はユーザーとトラブルを起こしたくないため

記載しているものですが、悪質な案件に限っては記載しない方が事業者にとっては守るべきルールがなくなり、ユーザーにとってとても危険な状態になります。

 

 

キャノン・ウォレット』に特定商取引法に基づく表記はありません。

≪調査結果≫キャノン・ウォレットは稼げるのか【小沢さくら】

今回は、『キャノン・ウォレット』について調査を行いました。

 

・ビジネスモデルが明らかになっていない

・特定商取引法についての記載情報がない

・オプトインアフィリエイト案件

 

以上の3つの点から

キャノン・ウォレット』への登録はお勧めいたしません

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます