オートライズ(AUTO RISE)は怪しい詐欺案件?オンラインカジノのバカラで稼げるのか?口コミ評判を参考に徹底検証

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

「オートライズ(AUTO RISE)」という資産構築副業です。

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

副業|オートライズ(AUTO RISE)の内容・仕組みとは

オートライズ(AUTO RISE)とは、1日たったの10分、スキマ時間で知識や経験は必要なく誰でも毎日5万円を目指せるというオンラインカジノのバカラを使った自動システムです。

 

すでに2,000名以上の利用者がおり、プロ監修のオンラインカジノの自動システムを使って、プロによる安心のサポート体制が整った環境で資産運用が行えるということもあり、ネット上で注目が集まっています。

 

 

オートライズ(AUTO RISE)は自動システムを使うということと、サポートがしっかりとついているので、副業初心者でも誰でも安心して利益を目指すことができそうですね。

 

では、本当にオートライズ(AUTO RISE)は、プロ監修のシステムとリアルタイムのサポートで利益を生み出せることができるのでしょうか?

 

オートライズ(AUTO RISE)の3つの特徴

まず、オートライズ(AUTO RISE)の特徴を確認してみましょう。

 

オートライズ(AUTO RISE)の特徴
・1日10分スキマ時間にサポートを受けて作業を行うだけ
・自動システムなので知識や経験は不要
・簡単な手続きで即日出金が可能

 

 

「オンラインカジノ」や「自動システム」などといったワードを聞くと、

「ギャンブル」「ルールが難しそう」「難しい設定ではないのか」

といったイメージを思い浮かべるのではないでしょうか?

 

しかし、オートライズ(AUTO RISE)では、いつでもプロのサポートのもと、稼げる情報の通りに作業するだけです。

 

このような自動システムは、システムの設定後の運用は利用者に任されることが多いですが、プロのサポートがいつでもついていることから、初心者でも安心して取り組めそうですね。

 

すでに2,000名以上の利用者がいることも、ひとつの安心材料だと言えるでしょう。

 

オンラインカジノのバカラは難しくないのか?

オートライズ(AUTO RISE)は、オンラインカジノのゲームのひとつであるバカラの自動システムを使って収益を得る仕組みです。

 

オートライズ(AUTO RISE)は、オンラインカジノやバカラのルールが分からなくても、初心者でも参加することができるのでしょうか?

 

オンラインカジノと聞くと「ギャンブル性が高いもの」というイメージがありますが、オートライズ(AUTO RISE)は、カジノとしてではなく、eスポーツとして参加できるようなシステムです。

 

eスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略で、ゲームを使った対戦を、スポーツ競技としているゲームのことを指します。

 

オンラインカジノやバカラ、eスポーツなどで利益を得るには、それなりの経験やスキル、時間を必要とします。

 

しかし、オートライズ(AUTO RISE)は、全くの未経験者でもすでにプログラミングされている自動BETのシステムを使うので、知識や経験は必要ありません。

 

オートライズ(AUTO RISE)はギャンブルというよりも、ゲームに近い感覚で参加できるので、違法性もなく初心者でも安全にプレイすることができると分かりました。

 

そこで、オートライズ(AUTO RISE)はおすすめできる優良案件なのか?それとも、危険なおすすめできない案件なのか、より詳しく検証してみます。

 

副業|オートライズ(AUTO RISE)のメリットデメリット

オートライズ(AUTO RISE)は「誰でも簡単な作業で稼げる」とはいっても、メリット・デメリットがありますので、その詳細について詳しく見ていきます。

 

安心のサポート体制

オートライズ(AUTO RISE)は、LP(ランディングページ)にも記載してある通り、サポート体制が整っているため、初心者でも安心して利用できる点が魅力だと考えます。

 

オートライズ(AUTO RISE)は自動システムを使っているとは言え、そのシステムを最大限に活かすには、きちんと設定を行い、資金管理を行う必要があります。

 

オートライズ(AUTO RISE)では、チャットをはじめ、LINEでもメールでも電話でも、気になることがあればいつでもサポートしてくれますので、安心して始めることができますね。

 

システムの設定はもちろんのこと、運用開始後も困った時はサポートがついているので、いつでもプロに相談できる環境があるということは、心強いのではないでしょうか。 

 

参加費が必要

一方で、オートライズ(AUTO RISE)にはデメリットはあるのでしょうか?

 

オートライズ(AUTO RISE)は優秀な自動システムであるということは分かりましたが、どのような優秀なシステムでも、やはり利用するには初期費用は掛かります。

 

オートライズ(AUTO RISE)を始めるには、通常10万円の参加費が必要です。

 

毎日5万円が稼げるようになるとは言っても、初期費用で10万円が必要なのは、負担が大きいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、オートライズ(AUTO RISE)は今だけ90%オフの、1万円で参加できます。

 

また、先着200名に限り、5,000円のキャッシュバックが受けられるようなので、5,000円で開始することができます。

 

10万円はハードルが高いと感じるかもしれませんが、今だけ特別価格で参加することができるので、参加するなら今がチャンスだと言えます。

 

気になる方は、グループLINEがあるので、まずはグループLINEに参加してみることをおすすめします。

 

 

副業|オートライズ(AUTO RISE)の評判・口コミは怪しい?

続いては、オートライズ(AUTO RISE)の評判を、第三者目線から見ていきましょう。

 

オートライズ(AUTO RISE)の口コミを検索してみますと、

 

「初心者でも稼げる」という意見もあれば、「怪しい」という意見もありました。

 

オートライズ(AUTO RISE)の口コミ内容をまとめてみますと

 

オートライズ(AUTO RISE)口コミ
・初心者でも4週間で4万円ぐらい稼げた
・オンラインカジノで稼ぐって怪しい
・毎日5万円稼ぐには、ある程度資金が必要
・全勝するわけではなく、負けることもある  

 

といったような、オートライズ(AUTO RISE)利用者の口コミを見つけることができました。

 

数ある口コミの中でも、「実際に稼げた」という口コミが多数ありました。

 

口コミから分かることでは、オートライズ(AUTO RISE)は、初心者でも稼げるということ、また全て良い意見ばかりではなく、システムを利用していても、負けることはあること、ある程度稼ぐには、まとまった資金が必要であるというようなことが分かります。

 

また、「オンラインカジノで稼ぐって怪しいけど大丈夫なの?」というイメージもあるかと思います。

 

しかし、オートライズ(AUTO RISE)が提供するバカラは、eスポーツとして確立されており、ギャンブル性はなく、ゲーム感覚でプレイできるので安心です。

 

良い口コミばかりでは、返って怪しいと疑ってしまいますが、オートライズ(AUTO RISE)の口コミは現実的な意見が多く、利用者のリアルな意見が確認できたので非常に参考になるのではないでしょうか。

 

副業|オートライズ(AUTO RISE)の特商法を調査

特商法を詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

続いては、法的な観点(特商法)からオートライズ(AUTO RISE)の実態に迫ります。

 

オートライズ(AUTO RISE)のLP(ランディングページ)には、特商法の表記がきちんと確認されました。

 

 

念のため、実在する住所なのか調べてみましたが、東京都渋谷区にある住所で確認ができています。

 

また、オンラインカジノやギャンブルと聞くと、日本の会社ではなく、海外の会社が運営しているのではないか気になりましたが、日本に実在する会社であることが分かったので、その点も安心しました。

 

【アウトサイダー】見解

今回は、オートライズ(AUTO RISE)について、徹底的に調査を進めてきました。

 

結果、オートライズ(AUTO RISE)は優良な案件だと判断します。

 

オートライズ(AUTO RISE)はオンラインカジノを使った案件ではありますが、初心者でも万全のサポート体制が整っているので、安心して始められることができます。

 

初期費用は必要ですが、期間限定で通常価格よりも安価で始められることから、オートライズ(AUTO RISE)に参加する価値は十分にあるのではないかと考えます。

 

最後に、オートライズ(AUTO RISE)で実際に稼いでいる人たちのグループLINEがあるので、そちらをご紹介します。

 

まずは、グループLINEに参加することで、利用者の温度感なども伝わると思いますので、ぜひ参考にされてみてください。

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます