REVO(レボ)

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

FXトレードロボット|REVO(レボ)

 

ですが、

 

この案件を調査・検証しましたが、

結論、REVO(レボ)はオススメできません❌

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

REVO(レボ)とは

REVO(レボ)とは日給1万円をめざせる

完全招待制のFX自動売買ソフトとして

紹介されています。

 

収入額が断言されており、

日収1万円かせげるのならば

 

月収30万円前後を稼げる計算となり

副収入としては十分な金額です。

 

REVO(レボ)を検証してみた

では、REVO(レボ)がおすすめできる

FX自動売買ソフトなのかどうか検証していきます。

 

ランディングページの記載内容

初めにランディングページに記載されている内容についてですが

メールアドレスを送信後、指定されたLINEアカウントに登録したあと

日給1万円をめざすと記載されていますが、

 

このREVO(レボ)という自動売買ツールについて

FX自動売買ツールであるということ以外の

詳しい情報が記載されておらず、

 

ランディングページに記載されている情報量自体

かなり少ないものでした。

 

情報量や説明が乏しい状態で

参加の前提としてメールアドレスを聞いてきたり、

LINEアカウントの登録へと誘導してきています。

 

良案件であればまず、ツールの詳しい説明がされるべきですので

この案件のように、適切なビジネスモデルを紹介しないまま

誘導する行動は、良質なツールを紹介する企業として不自然です。

 

 

REVO(レボ)へLINE登録してみた

次に誘導に従いLINEアカウントへ登録してみました。

 

 

誘導ページにて

LINEアカウント登録後、REVO(レボ)について

動画添付つきで説明されたページに誘導させられました。

 

誘導ページによるとREVO(レボ)とは

長年の稼働実績に裏付けられた

トータルプラス型の自動売買システムであると主張されています。

 

勝ち負けを繰り返し、

結果的に利益が勝って収入を出すというものです。

 

充実したサポートを受けながら

プロアマ問わず誰でも勝てる

唯一の必勝ルートであると主張していますが、

 

トータルプラス型は

通貨ペアごとに値動きの癖、注文や利益確定ののタイミング

損切りの設定など、

 

プロでも長年の経験を積みながら卓越したスキルを身に付けることで

ようやく収益が得られるものです。

 

しかし、特商法の設立年月日を確認したところ

2019年9月とまだ満2年もたっていない若い企業であることが分かります。

 

企業年月日=実績年数というわけではありませんが、

誘導ページには「稼げる」「誰でも儲かる」などと記載されている割には

裏付ける情報がなく、実績に対する主張に信憑性がないため

 

REVO(レボ)は長い経験と実績を兼ね備えた

優良自動売買システムである確証はありません。

 

むしろ、世の中には優良システム、ツールだと偽る

詐欺まがいのツールが横行しており、

REVO(レボ)もそういった悪質なツールである可能性が高いです。

 

 

しつこく電話相談を持ちかけてくる

LINEアカウント登録後

プロによる電話相談サポートとして

 

添付動画、誘導先のLINEアカウントによる返信から

繰り返し電話相談への誘導が送られてきました。

 

しかし、誘導先のプロの実績や人物像の多くが伏せられており、

この人物が本当にプロなのか、語られている実績は本当か、誇張表現ではないのか

 

そもそも実在する人物なのかもわかりませんし

このような謎の人物から得られる情報が

有益である保証はありません。

 

そればかりか、背後に隠された有料商材やセミナーへと勧誘される恐れもありますので

不用意に信用して関わらないように十分に気をつけてください。

 

素性が不明慮で怪しい第三者と

直接対応するのは、個人情報の流出などの危険も含めて

かなりのリスクが伴います。

 

REVO(レボ)の評判・口コミは怪しい?

REVO(レボ)の口コミや評判を調べてみると

そもそも検索できた情報量自体、少ないものでした。

 

完全招待制の自動売買システムでしたら

拡散する情報量は確かに少ないかもしれませんが、

それでも、賛否含めてあまりにも情報量が少なすぎます。

 

本当に良案件でしたらおすすめする情報が多く確認できるはずですし、

 

先に記載した通り、トータルプラス型の自動売買システムで

優良案件を自称しているのであれば

 

口コミや評判として、長期間の稼働実績が

すでに利用者から公表されていなければ不自然です。

 

それがないということは、実績の乏しく

性能が高くないシステムである可能性が高いですので

利用しても稼げる保証はありません。

 

REVO(レボ)の特商法を調査

特定商取引法に基づく表記(特商法)とは、販売者側と消費者側で起こるトラブルを未然に防ぐために取引や契約のルールを表記した、販売者が表記しなければいけない最低限のルールのことを指します。 

 

今回のREVO(レボ)のような案件を見つけた際は、その案件が安全なビジネスなのかを判断するためにもとても重要な項目になります。

 

この特定商取引法に基づく表記の内容を事前に確認しておくことで、想定外のトラブルからも回避することができます

 

ちなみに特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示・業務停止命令・業務禁止命令の行政処分など、罰則の対象となりますので虚偽もしくは不正確な情報は許されません。

 

REVO(レボ)の特商法

REVO(レボ)の特商法を確認したところ、

いくつか不審な点を確認しましたので、順を追って解説していきます。

 

 

記載内容が少なく、必須項目に漏れがある

そもそも記載されている情報量が少なく、

必須項目である「代表者名」、連絡先の「電話番号」の記載がありません。

 

特商法は利用者を守るために定められた

大切な法律です。

 

その特商法が記載されていなかったり、

必須項目の記載漏れがあるということは

 

この案件は、暗に

「法律なんて守るつもりがない」と

主張しているようなものです。

 

この時点で信憑性としては皆無ですので

安易に関わらないように気をつけましょう。

 

そもそも法人登録されていない

行政機関「国税庁」の

「国税庁法人番号公表サイト」にて

 

販売事業社名、住所から検索したところ

「株式会社ライズ」は法人登録されていないことが分かりました。

 

つまり、「株式会社ライズ」は

一企業として開業しているようにふるまっていますが、

実際は個人事業同然であるということがわかります。

 

商品を購入する際、その企業が

企業としてしっかりとしているかどうかという点で

法人登録の有無は重要な内容です。

 

信用という面でも大きくかかわる内容ですので、

これは大きなマイナスです。

 

 

結論:REVO(レボ)はおすすめできません

最後に今回の検証結果をまとめていきます。

検証結果まとめ
十分なビジネスモデルが記載されていない
特商法に必須項目の記載漏れ多数あり
法人登録されていないのに一企業のようにふるまっている
口コミや評判に情報が少ない

 

以上のことから今回の案件

REVO(レボ)はおすすめできません。

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます