マーキュリー(MercuryPartners)投資システムは詐欺!?佐田康之とは何者か?トライアル型プラン参加は危険?

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

投資|マーキュリー(MercuryPartners)

 

ですが、

 

この案件を調査・検証しましたが、

結論、マーキュリー(MercuryPartners) はオススメできません❌

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

 

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

 

マーキュリー(MercuryPartners) の内容・仕組みとは

マーキュリー(MercuryPartners) とは、プロのメンターの元、マーキュリー(MercuryPartners) のシステムを使うだけで資産1億円が目指せるという投資です。

 

 

AI(人工知能)のシステムを駆使したマーキュリー(MercuryPartners) のシステムを使うことで、初心者でもプロのトレーダー並みの利益を出せるようです。

 

 

3つの特徴

マーキュリー(MercuryPartners) の大きな特徴はこの3つです。

 

マーキュリーの特徴

①月間配当実績132万円
②初回配当が6日以内に行われる
③メンターがついているので初心者でもOK

 

 

投資と聞くと、ハードルが高く、初心者でも参加できるのか不安にもなりますが、マーキュリー(MercuryPartners) では、メンターがついているので、しっかりとしたサポートを受けることができるという点がポイントだと言えます。

 

 

運用方法は不明

では、一体マーキュリー(MercuryPartners) はどのような運用方法で利益を上げるのでしょうか?

 

マーキュリー(MercuryPartners) のランディングページを確認しましたが、その詳しいビジネスモデルに関しては、一切記載がありません。

 

システムが自動で運用を行ってくれるということなので、何らかの自動売買システムを利用するのではないかと推測できますが、詳細を説明しないまま登録しなければいけないので、優良な案件とは言えません。

 

LINEでから口座の登録だけで初回配当が貰えるということですが、なぜ口座の設定だけで配当が貰えるのか、その仕組みについては書かれておらず、不信感を抱きます。

 

マーキュリー(MercuryPartners) のトライアルプランへの参加は60名しか参加できないので、今すぐにでも登録して配当を受け取りたいところですが、目先の利益に囚われて、焦って登録してしまうのは危険です。

 

 

実際にマーキュリー(MercuryPartners) に登録を行い、危険な点がいくつか見つかりましたので、まず登録の前に、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

マーキュリー(MercuryPartners) へLINE登録

では、マーキュリー(MercuryPartners) のランディングページから実際に登録を行ってみます。

 

登録ボタンを押すと、LINEのアカウント追加の画面に切り替わりました。

 

今回登録したのは「Mercury」というアカウントです。

 

 

登録後、マーキュリー(MercuryPartners) のメンターと言われる人物である佐田康之からメッセージが届きました。

 

 

内容を確認すると、マーキュリー(MercuryPartners) では、配当受取の口座とプランを選択し、入金することで配当が得られるという仕組みであることが分かります。

 

 

プランと配当は、このように記載されています。

 

 

しかしながら、配当が出る仕組みやその詳細に関しては一切説明がないため、確実に配当を受け取ることができるのか、その信憑性に欠けています。

 

運用結果の詳細の分からないまま、配当を受け取るための振り込まなければいけないため、優良な案件とは言い難いですね。

 

後々、高額な商材を購入させられたり、入金はしたものの、配当は受け取れなかったということにもなりかねないので、危険だと判断します。

 

マーキュリー(MercuryPartners) の評判・口コミは怪しい?

では、続いては第三者から確認したマーキュリー(MercuryPartners)の口コミや評判について確認してみましょう。

 

マーキュリー(MercuryPartners)では、すでに利用している会員がいるということなので、実際の会員の声も参考にしてみます。

 

悪評が目立つ結果に

マーキュリー(MercuryPartners)の口コミや評判を検索してみますと、「悪質」「登録は危険」「稼げない」といった、注意喚起を行っているサイトが複数見つかりました。

 

その一方で、マーキュリー(MercuryPartners)の利用者の声も探してみましたが、実際の利用者の声や実績などは確認することはできませんでした。

 

よって、マーキュリー(MercuryPartners)のランディングページに記載されている利用者の声は虚偽内容である可能性が高いと判断します。

 

メンターの佐田康之とはどんな人物?

マーキュリー(MercuryPartners)のメンターである佐田康之という人物はどのような人物なのでしょうか?

 

LINEでは、このように紹介されています。

 

 

実際にその内容を確かめるために、佐田康之についてその経歴やプロフィールを検索してみましょう。

 

ネットで佐田康之について検索してみましたが、マーキュリー(MercuryPartners)に関する情報しか見つからず、それらしき人物の経歴やプロフィールは確認することはできませんでした。

 

佐田康之は実在する人物であるかどうかも不明であるため、信用ができませんね。

 

このように、マーキュリー(MercuryPartners)は第三者の目線から確認しても、おすすめできないことが分かりました。

 

マーキュリー(MercuryPartners) の特商法を調査

ここで、法的な観点から確認するために、マーキュリー(MercuryPartners)の特商法の表記について確認してみましょう。

 

特商法の表記を確認することで、優良な案件なのか、悪質性の高い案件なのか考察してみます。

 

特商法について解説

まずは、特定商取引法に基づく表記(特商法)について解説します。

 

 特定商取引法に基づく表記(特商法)とは、販売者側と消費者側で起こるトラブルを未然に防ぐために、取引や契約のルールを表記した、販売者が表記しなければいけないルールのことを指します。 

 

今回のマーキュリー(MercuryPartners) のような投資を見つけた際は、その投資が安全なビジネスなのかを判断するために、とても重要な項目になります。

 

この特定商取引法に基づく表記の内容を事前に確認しておくことで、想定外のトラブルからも回避することができます。

 

ちなみに、特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示・業務停止命令・業務禁止命令の行政処分など、罰則の対象となりますので、虚偽もしくは不正確な情報は許されません。

 

特商法の表記に要注意

マーキュリー(MercuryPartners) のランディングページで、特商法の確認を行ってみましょう。

 

残念ながら、マーキュリー(MercuryPartners) のランディングページでは特商法の確認はできませんでした。

 

大切な資産を運用するシステムを扱っている会社の情報が確認できないということは、信用ができません。

 

不安を感じてサイトをよく調べてみると、登録後に確認できる画面にて、特商法の確認を行うことができました。

 

こちらがマーキュリー(MercuryPartners)の特商法です。

 

 

マーキュリー(MercuryPartners)の販売事務所の所在地はイギリスであることが分かります。

 

海外に所在を置く理由としては、運営側が、何かしら身元を分からなくさせる理由があるなど、悪質性の高い業者であることも考えられますので、注意が必要です。

 

また、販売事務所の所在地が海外であるということは、実際にオフィスが実在するのか、目で確かめることはできず、万が一何かトラブルに巻き込まれた場合は、十分なサポートを受けられるという保証も約束できません。

 

キャンセルや返品に関しての表記もないことから、マーキュリー(MercuryPartners)の特商法には安要素が多く、信頼性に欠けます。

 

そもそも、マーキュリー(MercuryPartners) のランディングページからは特商法を確認することができず、登録後に特商法について確認できるというシステム自体にも一切信用ができませんね。

 

このように、法的な観点から確認しても、マーキュリー(MercuryPartners)はおすすめできないことが分かります。

 

結論:マーキュリー(MercuryPartners) はおすすめできません

今回は、マーキュリー(MercuryPartners) という投資システムについて検証を行いました。

 

最後に検証結果をまとめます。

 

検証結果のまとめ

・どのような運用を行うのか不明瞭な点が多い
・資金の持ち逃げリスクや、ポンジスキームの可能性がある
・実績が公開されておらず信用ができない
・特商法の記載に要注意!トラブルに巻き込まれる可能性大

 

以上、このような点から、マーキュリー(MercuryPartners) はおすすめできません。

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます