【eスポーツ】Libes(リベス)とは?甲斐義和の投資プロジェクトの実態

 
こんにちは、藤原です。

 

今回レビューする案件は

Libes(リベス)

ですが、

この案件を調査・検証しましたが、

結論、

Libes(リベス)はオススメできません

 

私が実際に登録して調査を行っていますので

この記事をしっかりと読んで、

よく考えてから判断するようにしてください。

 

これまで数百の案件を調査してきた私が

『優良案件』と判断した副業案件やビジネスノウハウは私のLINEの方でご紹介できます。

 

お気軽にご連絡ください。

 

Libes(リベス)の優待券とは?

Libes(リベス)内容

今回、Libes(リベス)という案件の

特別先行ご優待券というものが

私のもとへ届きました。

 

ナビゲーターは

有名女優タレントを起用している

「最新デジタル技術を駆使して

今急成長を遂げている

数千億円規模の市場を攻略する」

と謳われたプロジェクトのようです。

 

今回の案件は

これ以上情報が記載されていないので

早速登録を行い

内容を確認していきます。

Libes(リベス)へ登録してみた

Libes(リベス)登録検証

メールアドレス登録を行うと

公式LINEへの登録も促されます。

Libes(リベス)公式LINE

【Libes】甲斐義和

というアカウントを追加すると

すぐにメッセージが届きます。

Libes(リベス)LINEメッセージ

メッセージ内容は

Libes(リベス)の内容がわかる動画と

有名女優タレントの南明奈さんからの

ビデオメッセージの2つで

ビデオメッセージでは

動画視聴を催促されます。

 

内容を確認するために動画を視聴してみます。

Libes(リベス)の実態とは・・?

Libes(リベス)実態

LINEメッセージ内のURLをタップすると

Libes(リベス)の商品ページへと移動します。

 

ここで初めて

Libes(リベス)という案件の内容がわかりました。

Libes(リベス)の内容

Libes(リベス)内容

eスポーツの世界では

数十億円の賞金が動く世界です。

 

通常はプレイヤーに賞金が渡るだけですが

今回のLibes(リベス)

プレイヤーにベッティングを行うことで

オーディエンス(視聴者)の方にも

同レベルの還元がされる

とのことです。

 

これがLibes(リベス)が謳う

eスポーツの世界を一つにする

というプロジェクト

利益大還元キャンペーン

の内容です。

 

ゲームに詳しくない、参加しなくても

プレイヤーと同等な利益が得られる

ということです。

 

Libes(リベス)南明奈

そしてナビゲーターを務めるのは

有名女優タレントの南明奈さん、

Libes(リベス)石田

プロゲーマーの

石田拳智(いしだけんち)さん

の2人です。

 

ナビゲーターがどちらも

知名度のある有名人ということで

どこの誰かわからないような人物が

案内を行っているよりは

信用のできそうな案件ですね。

詳細な仕組みは?

Libes(リベス)が開催する

eスポーツの大会内で

「プレイヤーにベッティングをする」

という仕組みです。

 

しかし、ベッティング以外にも

ギフティングとして

プレイヤーを応援するために

ユーザーが投げ銭を投げられるシステムも

導入してるとのことです。

 

また

大会中のワンシーンをNFT化して

売買できるとのことです。

 

NFT化とは

偽造不可な鑑定書

所有証明書付きのデジタルデータ

のことで、従来、

容易にコピー・改ざんができていた

デジタルデータに資産価値を持たせることができるプログラムです。

 

その取引には

暗号資産を用いて売買することが

できるようになっており

取引も仮想通貨を用いるようになっているのでしょう。

 

しかし

動画を視聴しても

Libes(リベス)の仕組みがわかるだけで

キャンペーンや取引などの

詳細な内容は一切明かされていません。

 

その後続きの動画として

2話、3話と動画が送られてきますが

こちらも詳細はわからない内容になっています。

 

これでは

安易に信用することは出来ませんね。

甲斐義和という人物

Libes(リベス)甲斐義和

Libes(リベス)の代表を務める

甲斐義和という人物

について調査してみました。

 

ウェブ検索をしてみると

甲斐義和のInstagramのアカウントを

確認することができました。

Libes(リベス)甲斐義和Instagram

このアカウント情報から

楽座(RAKUZA)という

日本アニメのセル画をNFT化して取引するという

別の事業にも

関わっていることが判明しました。

Libes(リベス)楽座

 

こちらの内容は

今回のLibes(リベス)の内容と

似ている部分がありますね。

甲斐義和の評判は?

甲斐義和

複数の会社の代表を務めるなど

やり手のようですが

今回のLibes(リベス)の案件ではない

甲斐義和が代表を務めるもう一つの会社

RAKUICHI株式会社

という会社の評判を

Twitter上で発見しました。

Libes(リベス)Twitter

この投稿をしているアカウントは

注意喚起を行っているようですが

RAKUICHI株式会社について

ネガティブな評価を行っていますね。

 

「運営情報がかなり異なる」とは

甲斐義和に対する信頼が

かなり失われます。

 

Libes(リベス)の内容もわからないことから

甲斐義和という人物に

不信感が残り、

信用に値しない人物なのではないかと

疑問に感じてしまいます。

Libes(リベス)の評判・口コミ

信用のない人物が代表を務める

Libes(リベス)ですが

案件自体にどのような評判があるのか

調べてみたところ、

こちらについても

注意喚起を行うサイトばかり

目に留まります。

 

「甲斐義和はウソつきだから」

という文言で注意喚起を行っているサイトも存在しています。

 

評判や口コミはかなり悪いように思えます。

 

実績について

情報は一切ありませんでしたが

Libes(リベス)は先行予約受付中

となっているため

実績がなくても納得できる結果です。

 

また新しく情報が入り次第

記事を更新していきます。

Libes(リベス)の特商法を調査

Libes(リベス)の特商法を調べてみたところ

記載はどこにもありませんでした。

 

甲斐義和の悪い評判を見た時点で

特商法の記載があったとしても

信用はないのですが

特商法は法律で定められた重要な項目です。

 

その記載がないとなると

法律を犯しているのか?

と疑問に思ってもしかたありません。

 

いくら有名な芸能人が

ナビゲーターとして起用されていようが

高額なギャラを支払って

信用を買っているのではないかと

不信感を抱いてしまいます。

 

このような案件は一切信頼のできない

危険な案件ですので

サイトの広告や文言に

決して騙されないようにしましょう。

Libes(リベス)結論

それでは最後に

Libes(リベス)の検証結果をまとめていきます。

検証結果まとめ
・詳細な内容が表記されていない

・甲斐義和の悪評が目立つ

・特商法の記載がない

以上のことから
Libes(リベス)はおススメできません!

ネットビジネスの世界には

 

フェイクニュースや悪質商材を流し

 

荒稼ぎしようとする悪徳業者が蔓延しています。

 

 

 

ネットビジネスで稼ぎたいなら

 

『稼げる』情報を『見抜く力』

 

は絶対に必要です!

 

 

 

正しい情報さえ手に入れることができれば

 

誰でもネットで収入を得ることができます。

 

 

 

副業から始めたネットビジネスが

 

月に300万円以上を稼ぎだすまでになった

 

私が保証します。

 

 

 

私が持っている情報であれば

 

今すぐにお渡しできます!

 

 

 

未経験でも、少ない資金からでも始められる案件もあります。

 

もちろんお金など一切受け取りませんので

 

ご安心くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットビジネスを始めることで

 

あなたの代わりにお金を稼いでくれる

 

『仕組み』を作ることができます。

 

 

 

つまり、「不労所得」ということです。

 

 

 

副業からでも始められますし、

 

月収7桁は誰でも達成できます。

 

 

 

それでも自分一人で始めるのは不安ですよね。

 

もしかしたら既に借金を抱えている方もいるかもしれません。

 

 

 

 

それでも

 

稼ぎたい」「自由を手に入れたい

 

という強い思いがありましたら

 

私が ”1から” サポートします。

 

 

 

遠慮はいりません。

 

何でも聞いてください。

 

私があなたのお力になります。

 

 

 

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます